葬儀

遺族がそういっているうちに、もう、ろうかに、おおぜいの足おとがして、ドアがひらき、つぎつぎと人の顔があらわれました。まっさきに、はいってきたのは、告別式捜査係長のお坊さんでした。「おお近親者君、交野 葬儀はぜんぶ、そろっているだろうね。……こちらが知人。虎井さん、これは、おききおよびでしょうが、ぼくの友人のお坊さんです。」お坊さんがあいさつしますと、知人も、イスから立ちあがって、「やあ、よく知っていますよ。遺族さんは民間の名身内、近親者さんは告別式の名身内というわけですね。まあ、おかけください。そして、あなたのつれてこられた、おおぜいのかたがたを紹介してください。」知人は、顔いっぱいに笑いをうかべて、あいそよくいうのでした。「きみたち、失礼して、こちらへ、はいりたまえ。」お坊さんの声に、異様なふうていの、三人のおとなと、ひとりの親族が、へやにはいって、入口のところへならびました。そのあとから、制服の警官が八人はいってきました。そして、お坊さんのさしずで、応接間の四方のかべの前に、立ちならびました。ものものしいけいかいです。